[[[[[[[ STECO NEW-NORMAL Magazine ]]]]]]]]   No.04/2020

写真の出典:上海市生態環境局


========================================= 

中国 環境・省エネ 対策マガジンとして再生!

=========================================

☆☆ 通算 2013年~2020年 第129号  ☆☆

【上海市2020年重点汚染排出企業リストを発表】

皆さん!環境・省エネのエガちゃんです。

いかがお過ごしでしょうか。

前回のマガジンで「上海は落ち着きを取り戻しつつ

あります。」と申し上げておりましたが、目に見え

て市内は着実に安定に戻っているようです。

ただし、外国からの罹患者侵入を防ぐために更に入

国制限がかかっており、例え以前に有効なビザを所

持していても、日本から中国へは一旦改めてビザの

取得すべきという形になっております。

東京の中国領事館に問い合わせしてみましたが、現

状は「政令の通りに従ってください。」との事でし

た。

中国に戻れない方々も多いことと察し、各企業様の

生産活動に大きな支障が無いことを祈らざるを得ま

せん。

さて、今日は先週上海市生態環境局が「上海市2020

年重点汚染排出企業リスト」を発表した件について

ご紹介いたします。

リストをご覧頂くと、日系企業様の名前もリストで

は散見されます。

リストのURLをご紹介いたしますので、以下ご確認

ください。

リスト発表URL:

https://sthj.sh.gov.cn/shhj3025/2020/03/114018.htm

リストURL:

https://sthj.sh.gov.cn/fa/cms/upload/uploadFiles/2020-03-18/file5109.pdf

【発表の背景】

2017年に元環境保護部(現在の生態環境部)は、重点

汚染排出企業の環境保護監督管理を強化するため、「

重点汚染排出企業リスト管理規定(試行)」を発表し

ており、これに基づいて、各省市は2018年から重点汚

染排出企業のリストを定期更新・公開させることとなっ

ていました。

【上海市における分野別重点排汚企業数の変化】

2020年のリストでは、2019年度と同じで、重点的に管

理監督を行う企業を、水、大気、土壌、危険廃棄物およ

びその他の5分野に分けており、複数の分野で掲載され

ている企業もあります。

※添付にて年ごとの変化を表にいたしましたのでご覧に

なってください。

以上のようなことから、下記の傾向が顕著となっていま

す。

①危険廃棄物分野に該当する重点企業が最も多い。

※関連最新政策:「上海市における危険廃棄物汚染防止

をより一層強化させる関連実施方案」の発布(2020年3月)

https://sthj.sh.gov.cn/shhj3025/2020/03/114030.htm

②重点企業の数が年々増加している。

そこで、リストアップされ他場に該当重点排汚企業が早

急に対応すべきことを以下纏めてみましたので、参考に

してください。

① すべての環境重点排汚企業が対象

環境公開情報を上海市企業・機構環境情報プラットフォーム(https://xxgk.eic.sh.cn/jsp/view/index.jsp)にアク

セスし、自社の基本情報・排汚情報・汚染防止設備情報・

環境FS及びその他の環境保護行政許可情報・突発事故応

急方案を公開しなければなりません。

② 水・大気環境重点排汚企業が対象

関連する排出基準要求に基づいて、オンラインモニタリン

グを導入し、環境主管部門とネットワーク接続が必要とな

ります。

③ 土壌環境重点排汚企業が対象

自社内で土壌汚染潜在リスクを調査し、土壌汚染測定を実

施し、環境主管部門に登記・備案しなければなりません。

ただし、ここで誤解が無いように説明いたしますが、決し

てリストアップされたからと言って、何か問題があるわけ

ではございません。

① リストアップとは、何か法律違反しているとか、或いは

今後環境規制を更に厳格とするということなることでは

ありません。ただし、汚染物の排出量が多い、もしくは

環境への汚染・リスクが高いと思われているという事で

す。

② またリストに挙がっていない「重点排汚企業対象外の企

業」についても、法律及び自社の状況によっては、環境

規制への適切な対処が求められる事もあり得ますのでご

注意ください。

コロナウィルス拡散が落ち着いた段階で、これまでの環境政

策はより着実な実行が求められてきます。

第13次五カ年計画最終年、気を引き締めて対応してきましょ

う。

そして、もし日本からのスタッフ、駐在員の方の渡航ができな

いため、環境対応やその他政策への対応が難しいというような

事があれば、弊社にお声をかけてください。

前回もお伝えいたしました様に弊社は既に通常活動を行ってお

ります。現場での調査や確認、更には対応計画策定なども専門

家と共にすぐに対応できる体制ができております。

弊社現地スタッフと一丸となって、こちらで奮闘される皆様を

応援させて頂きます!

中国政府第三方機構 「第三方環境・省エネ服務企業」批准

※日系企業で唯一です!

上海清環環保科技有限公司(STECO)

えがしら

□配信停止をご希望の場合は、大変お手数でございますが

このアドレスに返信にて空メールをお送りください。

※ 節能服務機構 EMC事業者  批准番号:SHEMCS169 ※

STECO 上海清環環保科技有限公司

Sustainable Technology of Ecology

上海市閔虹路166号3号楼502室

Tel: +86-21-5489-2707 Fax: +86-21-5489-2717

http://www.steco.asia

携帯用サイト http://steco.global

江頭利将 (Toshimasa Egashira)

E-mail: toshi@steco.asia


記事の画像をダウンロード 記事の動画を観る
前の記事 次の記事