[[[[[[[ STECO NEW-NORMAL Magazine ]]]]]]]]   No.08/2020

写真の出典:澎湃号

https://www.thepaper.cn/newsDetail_forward_7624125

=========================================

中国 環境・省エネ 対策マガジンとして再生!

=========================================

☆☆ 通算 2013年~2020年 第133号  ☆☆

【全人代閉幕を受け、生態環境対策は?】

皆さん!環境・省エネのエガちゃんです。

いかがお過ごしでしょうか。

少しずつ“ポスト”新型コロナウィルスへの道筋が

整いつつありますが、相変わらずその時期や方法な

どは未知数であり、皆さんにおかれましてももどか

しい日が続いていることと思います。

この状況をプラスに考え、新たな学びや、新たな試み

に挑戦していきましょう。

きっと何か新しい道が開てくると信じております。

さて、今日は先日閉幕しました「全人代」に於いて語

られた環境関連の情報を主にまとめてご紹介いたしま

す。

5月22日午前9時、第13期全国人民代表大会(全人

代)第3回会議の開幕式が北京・人民大会堂で行われ、

習近平国家主席をはじめとする党と国家の指導者が出

席しました。

中国がいかにして制度化により生態環境保護を強化し、

グリーン発展を実現するのかが、今年の両会の重要な注

目ポイントとなりました。

生態文明メカニズムのさらなる整備の推進について、今

年の両会で政府活動報告はどのような手はずを打ち出す

べきで、代表委員はいかなる知恵によって貢献を果たし

ていくかが注目されています。

まず、2019年度の成果が発表されましたので、ご紹介し

ます。

◎2019年末の時点で、第13次5カ年計画(2016~20年)

で確定されている生態環境分野の制約性指標9項目のうち

、7項目が前倒しで目標達成された。

◎2019年、全国337の地級以上の都市において、空気質量

が標準に達しなかったのは半数にのぼり、今年第1四半期

に水質が劣V類だった湖沼や貯水池の比率は、前年同期に

は3.1%に過ぎなかったものが、5.4%にまで増加した。

◎「海外からのゴミ」輸入の禁止などにプラスとなる一連の

措置が、中国の生態環境の質を明らかに向上させた。

◎2019年の全国の優良日数比率は82%に達し、重汚染天気

の影響は軽減された。地表水のモニタリング断面の中で劣V

類の水質は全体の3.4%にまで下がり、この比率は昨年の半

分におおむね相当する。全国の農業用地の土壌環境も安定が

保たれている。

◎新型コロナウイルスによる肺炎は環境保護活動の難度を高

めた。中国生態環境部はこのほど、新型肺炎の予防・コント

ロールが良い方向へと向かう状況がより揺るぎないものとな

るにつれ、関連する環境保護活動への圧力は引き続き緩和され

ていくが、形勢は依然として厳しく複雑であると率直に表明

した。

次に、2020年度の展望についてご紹介します。

◎『第14次5カ年計画(2021~25年)』の期間、汚染物質の

排出減、環境ガバナンス、汚染源の防止・コントロールに力

を入れなければなら無い。

そしてそれは生態環境を向上させる重要な手段であり、(政府

役人、国民は)汚染防止・改善に向けて、さらにグレードアッ

プした戦いをしなければならない

◎新型コロナウイルスによる肺炎は(結果として)環境保護活

動の難度を高めた。

◎第二ラウンド第二回目の全国中央環境監査を計画通りに実施

する。(時期についてはまだ未決定です。)

さらに、全人代が終わった2020年4月29日、中国国務院応急

管理部は「全国安全生産特別改善の3ヵ年行動計画」を発表し

ました。

そこでは、以下の2点の「安全生産理念」の内容に言及してい

ます。

1.事故のリスクが高い炭鉱・非炭鉱山・危険化学品・消防・道

路運輸・民用航空や鉄道などの交通運輸・工業園区・都市建

設・危険廃棄物など9分野を対象とすること。

2.安全生産の事故が多発した状況を改善するために、「危険化学

品の安全生産」をさらに強化すること。

この計画が発表された背景としては、江蘇省で2019年3月21日

に発生した化学工場の爆発事故で、78人が死亡、76人が重傷を

負い、直接の経済損失額は19億8,600万元だったことなどがあり

ます。

これを教訓にし、生産の安全性の取り組みを強化させる要求があ

ると判断したものと思われます。

※「全国安全生産特別改善の3ヵ年行動計画」として、以下の主

要内容を提示していますので、ご注意ください。

1習近平総書記の「安全生産に関する重要な論述の学習宣伝」を

貫徹すること。

2 企業の安全生産主体の責任テーマを実施すること。

3 危険化学品の安全整備。

4 炭鉱の安全整備。

5 非炭鉱山の安全整備。

6 消防の安全整備。

7 道路輸送の安全整備。

8 交通運輸(民航、鉄道、郵便、水上と都市軌道交通)と

漁業船舶の安全整備。

9 都市建設の安全整備。

10 工業園区などの機能区の安全整備。

11 危険廃棄物などの安全対策徹底。

以上。

すでに、中国国内では新型コロナウィルスの蔓延はひと段落し

ており、通常の経済活動を再開しております。

それと同時に、政府の生態環境改善政策は着々と進められてお

り、皆さんの事業所へも目標達成のための努力が求めら

れてくることと思います。

何卒、早め早めの対策(現状把握、課題抽出、課題解決法案策

定、結果のアピールなど)を心がけてください。

皆様とともに、環境対策の成功を願っております!

中国政府第三方機構 「第三方環境・省エネ服務企業」

批准 ※日系企業で唯一です!

上海清環環保科技有限公司(STECO)

えがしら

□配信停止をご希望の場合は、大変お手数でございますが

このアドレスに返信にて空メールをお送りください。

※ 節能服務機構 EMC事業者  批准番号:SHEMCS169 ※

STECO 上海清環環保科技有限公司

Sustainable Technology of Ecology

上海市閔虹路166号3号楼502室

Tel: +86-21-5489-2707 Fax: +86-21-5489-2717

http://www.steco.asia

江頭利将 (Toshimasa Egashira)

E-mail: toshi@steco.asia


記事の画像をダウンロード 記事の動画を観る
前の記事 次の記事